スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -
ジェル化、好きですか?嫌いですか?

私は好きです

が、

加減というものがありますw


昨日作ったひまし油50の
シリコン型に入れたほうですが・・・

(画像クリックで拡大されます)
噴火までいかないけど、
表面がアバタになってます

でも硬さはしっかり出ていて、
型から出した時に、ことんっていったくらいw

惜しい・・・すごく惜しい(´;ω;`)


大きいほう(といっても通常の型よりは小さい)の
青いアクリルケースのほうは
途中で保温をやめたので
角までジェル化がたどり着かず・・・
端がまだじゅくじゅくしてます
クリアケースを中敷きにしているのですが、
クリアケースに貼りついて、角が残念なことになりそうです

むずかしいですね〜(;^ω^)






手作り石けん 途中経過 07:44 comments(4)
ひまし油50%石けん

ここ3日ほど天気も良くて
からっとしてる感じ(体感ですがw)だったので
意気揚々とオイルを計量し・・・

苛性ソーダ水と合わせる頃には雨が降り始めました
il||li _| ̄|〇 il||li


ひまし油はトレースの出かたがすごく急ですね
15分で型入れしましたが
13分あたりから急に キタワァ・*:.。..。.:*・゜(n`∀`)η

SFのホホバオイルとFOを先に準備していて
その他は後入れオプションがなかったので
楽々だったけど
ひまし油50%でレイヤーとか・・・(`・∀・´)ゝ 無理dёsц★
(それ以前に誰がするよ?wwww)

250gバッチで作ったので
これくらいの量です

オプションはすごく我慢して、
苛性ソーダ水にハチミツ入れただけ

ええ、茶色の石けんがデフォですw

温度管理の見当がイマイチつかないので
とりあえず、お弁当保温用のバックに入れて
3時間後・・・

見本になるくらいのジェル化で〜す

ジェル化して欲しかったのでこれは良いのですが・・・
熱い!
このままだと噴火するかもなので
保温バックから出してタオルをかける程度の保温に変更
(型入れ12時間後・・・噴火はしてません)

FOの香りは飛んじゃったでしょうねぇ・・・(´ーωー)=3


ええっと・・・
ひまし油高配合の石けんはいつまでも柔らかいんだっけ?
ワイヤーのソープカッターが欲しい今日この頃です


*レシピ*
ひまし油 50%
ラード 30%
ココナッツオイル 20%

OPはちみつ
SFホホバオイル
FO(バニラレース・ピニャコラーダ・ジューシーフルーツ)


ROEもV.E.も入れるの忘れた〜〜〜〜
このレシピだし、そんなに気にしなくてもいいっかw

手作り石けん 途中経過 22:20 comments(4)
はしっこリバッチ
端っこ石けんや、市販品の石けんが結構あったので
久しぶりのリバッチです 

普段使っていない慣れない包丁で刻んでいたら
指に水膨れできた・・・・orz


刻んだ石けんと〜
M&Pソープもあったので入れちゃって〜

  
お湯に浸して
3日ほどは日に数回レンジで温めます

で、最終的には湯せんでなめらかに

やっぱり気泡は入ってしまうけど
M&Pソープが入ってるので
綺麗にまとまります

ちょっと水分多かった・・・(-"-)
表面しわしわwwww

またこれが端っこ石けんになるのかw

型出しは当分先で〜す


手作り石けん 途中経過 13:35 comments(0)
久しぶりにぐるぐる

1ヶ月半、エクストラバージンオリーブオイルの
玄米茶を漬け込んだインフューズドオイルで・・・

はい・:∵(;´・ω・`A)
玄米茶ですっwwwww



表面に竹炭塩の丸コンフェをごろごろ
(切る時悩むね〜w)

底のほうにもコンフェ入ってます

えええっと・・・
普通に茶色の石けんに・・・なる?
よね?

320gバッチで
エクストラバージンオリーブオイル63%
ココナッツオイル16%
ラード16%
ひまし油6%

オプションに
ハチミツとリコリスエキス

ホホバオイルをスーパーファットしようと思ってたのに忘れたw
で、香りづけもなし
トレースは1時間半ほど
わりとゆるっと作りましたで〜す

手作り石けん 途中経過 17:50 comments(0)
キャノーラ100 型出し

またもや強制型出し。・゜(゜ノ∀`)゜・。 イーッヒッヒ

キャノーラ100ってさ・・・
透明リキッドソープのレシピじゃん?

左がハチミツ豆乳、右がプレーンです
  


型から出したけど〜

固形石けんとして扱おうとしてることが
そもそも間違ってるねっヾ(◉∀◉。)ノォゥィェ♫

プレーンのほうは
リキッドソープになってもらいましょうw

ハチミツ豆乳が思っていたより硬さが出ててびっくりです
でも、普通に柔らかいよ〜
で、粘っこいからこいつはリキッドにしても
でろ〜〜んってなりそう
このまま固型に持ち込むしかないか・・・(-"-)
固形でもきっと使った翌日石けん置きの上ででろ〜んだw
。・゜(゜ノ∀`)゜・。 イーッヒッヒ

リキッドソープを作るとなると
pH試験紙がいりますな・・・
こないだ水没させてしまって今ないので
買ってくるです(;^ω^)

梅雨時は湿気があって、乾燥がちゃんと出来ないかもだから
リキッドソープ作っとこうかなぁ
と、昨日思ったw

とろみつけるのは精製塩ですか?
買わねばwwwww



もう一個のあり得ない柔らかさの緑色の件ですが

今こんな状態
これから4つに切れそうなら切ってみます

キャノーラよりこっちの方が柔らかいんだけど
10倍丁寧に扱ってるので
「ういろう」から「きんつば」に進化しましたw

波々包丁で切ったけど、滑って溝がうねってます
ケバケバしてるとこもあるですよ
ごめんなさい┏○ペコ

どうやって包むか考え中・・・
厚紙に乗せてラップして、
その上にプチプチかな?・:∵(;´・ω・`A)

あ、ROEのヤツが
色戻ってきましたw
ちょみっとうす茶色っぽくくすんでます
ややこしいやつだなwwwwwww
(色見本にちょっと生地を落とした分は
まったく同じ色のままですw)

で、V.Eのが表面脂っこいです
たった3滴の影響ってこんなにあるの???
でも肌が一番きれいなのもV.Eです

手作り石けん 途中経過 18:49 comments(2)
豆腐にあらず
キャノーラ100%石けんです 



色の差はほとんどないように見えますが
右がハチミツと豆乳入り
あとでもうちょっと黄色っぽい色になってくると思います

真っ白ではなくて
素朴な感じで
まさに豆腐wwwww
型に豆腐の空き容器を使ったのは偶然ですw

ジェル化は・・・してるかどうかわかんねぇ(´;ω;`)
お湯入りペットボトルと一緒に保温箱に入れたから
してるはずなんだけど・・・(;^ω^)

プレーンのほうがトレースまで18時間
ハチミツ&豆乳入りは8時間でした
オプション入れるとこんなに差が出るのね〜

10時間差で型入れしてるので
プレーンのほうはまだまだ柔らかいです

石けんシミュレーションで油脂特性という表があって
その「硬さ」の項目を見ると
キャノーラの数値は4.0

ちなみに
ココナッツオイル8.6
オリーブオイル5.6
グレープシードオイル2.6

柔らかめの石けんは好きだけど
ちょっと柔らかすぎっぽいw
ハチミツと豆乳で硬さも変わるでしょうが
それを数値化するのは難しいので
感覚的に見ておこうと思います

あ、なんでハチミツと豆乳をオプションに選んだのか・・・
すごく簡単な理由

好きだから(*≧∀≦)ゞデス
手作り石けん 途中経過 17:31 comments(2)
作ってますよ〜
緑の呪縛から逃れるために・・・
あるいは現実逃避w



キャノーラ100%石けん作ってます (。-∀-)ィヒ♪

2時間経過・・・・


トレース出ませえええええええん≧∇≦ブハハハハハ
グレープシードはもたっとしてからが長かったけど
キャノーラはさらっさらのまんまで〜す

100gバッチ(ぉぃぉぃw)で
右がプレーン
左がはちみつ・豆乳入り
はちみつは苛性ソーダ水に溶かして、
豆乳(水分35g中15g)は攪拌30分後に後入れです

あ、トレースが遅いってことはさ・・・
ミリスチン酸入れても
すぐもったもたにならないってこと?
で、いいの?

PBS法でトレースまで10~15分くらいだと
攪拌不足の心配もないし、作業効率いいよねぇ?

そりゃあ6%くらいで実験するしかないでしょ〜♪という声が
どこかからしたような・・・
(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

しかし、キリのいい30バッチ目が
キャノーラ100かぁwwww
手作り石けん 途中経過 16:21 comments(4)
グレープシードオイル 情報編

グレープシードオイルの石けんを作るにあたり
検索をしていたら同じチリ産のグレープシードオイル
50%で作った石けんが3ヶ月で酸化したという
ブログの記事にたどり着きました

もなこさんグレープシードオイル50%石けん

使い心地や酸化した石けんの写真も
載せてくださっていたので
大変参考になりました
ありがとうございます ペコッ。.:*・゜┌〇゛

コメントでご挨拶をしたところ更に、
お友達のソーパーさんから
乾燥中から缶に入れて熟成させると酸化しにくい
聞いたとの情報をいただきました

乾燥中に空気を遮断するという発想は
私にはなかったんですよね・・・
目から鱗です(コンタクトじゃないですw)

なるほどなるほど・・・
酸化するには酸素の影響があるけど
鹸化は酸素は必要ないです

で、通常のレシピの石けんなら
乾燥させて硬さを出さないと!っていう必要性は
あまりないですよね≧∇≦ブハハハハハ

今回の実験は酸化させてなんぼの実験で
乾燥には急を要するので
こういう扱いになってますよ

手作り石けん 途中経過 00:19 comments(6)
グレープシードオイル 強制型出しw

型から出して乾燥させない限り、
Piruさんのところに送れる硬さになりそうにないので
無理やりだしま〜〜〜すo(`・ω・´)ノ"



色は右手前の角が一番乾燥してるので
これくらいの白っぽい色になるでしょう
V.Eのだけが、表面が少しオイリーな感じで
牛乳パックへの貼りつきが少なかったです

1面だけくっついた状態で、今日はここまで・・・


uki☆uki☆せっけんライフさん
の「せっけんシミュレーション」というのをお借りしています

苛性ソーダと水の量も自動計算できるので
ミスもないですし、
グレープシードオイル100%だと
どんな石けんになるかというのを
肌適性や、硬さ、泡立ちなど・・・数値で見れますから
こういうふうに型から出して乾かさないと
いつまでも軟らかいんじゃないかってコトも
私のように経験が浅くても見当がつくわけです

大変便利に使わせていただいてます
感謝感謝です

今度はキャノーラ100%もいっちゃうかなぁ・・・(☆∀☆)
わかばさんもオススメしてくださってるし、
ウチの台所で一番使ってるの・・・キャノーラなんですよ
普段口にしているもので石けんを作るのは
私の理想でもあるし〜♪

この普段使いのオイルを
べジフルに変えちゃおうかとも思ってたんだけどw
揚げものはむしろ良いんですけどね・・・
炒めたり焼いたりのものの香りがどうも馴染めないんです

石けんシミュレーションによると
キャノーラ60%
ラード20%
ココナッツ20%
でちょっと柔らかめだけど、
そこそこバランスの良い石けんが出来そうです

ココナッツオイルもな〜
いまいち料理に使えないんで
いっそミリスチン酸使うかな〜とか考え中
  ↑
これを矛盾という(。-∀-)ィヒ♪

手作り石けん 途中経過 23:53 comments(4)
グレープシードオイル 途中経過その2

グレープシードオイル100%石けんの状況報告です

経過が先だとものすご〜〜〜く不安を煽ると思うので〜
結論から行きます


固型になってます
  そのレベルかよっ!とか言わないで。:゚(。ノω\。)゚・。
 
牛乳パックからぽこっと離れて隙間は出来てるんだけど
多分底のほうはくっついてて今型出しすると泣きを見る
硬さは爪がすかっと刺さるくらいです
ざくっと崩れそうなもろさがあります
それは「硬さ」ではなくて「柔らかさ」って
言うんじゃないかとかなんとかぶつぶつぶつぶつ

色はほとんど変わらないけど
並べて見ると
ROE入りは少々黄色の要素が入っている感じがしますね
V.E入りが少し緑が深く透明感がある感じ
光の加減でそう見えるくらいの本当に微々たる差ですよ

上の説明を読んでからこの写真を見ると
一番左端がROE入りか?と思いませんか?
左がV.E入り、ROE入りは真ん中です


この石けんは
piruさん主催の酸化実験の番外編として
一般的に酸化しやすいと言われている
グレープシードオイルに
天然酸化防止剤のROEとV.Eが
どれほど効果を発揮するか
・・・という実験のサンプルなのです

とりあえず何とかここまで来たものの・・・
型出し出来る状態になってくれないことには
piruさんとこに送れない(*´・д・)(・д・`*)ネー

楽しみにしていただいていますが
未だ自ら志願した試練に苦しんでいる段階で・・・(;^ω^)
気長にお待ちになっていてください

なにも100%でなくても・・・
と思われるかも知れません
が、
わたしは食品や料理の視点から石けんを作っているので
料理に使えないオイルはほとんど持っていません
そうすると、ちょっと妙なレシピになってしまいます
ますます謎でしょお???
だから100%にしました



で・・・だ

ここにたどり着くまでに何があったかなんですが

あんまり丁寧に保温をしたので
ジェル化した状態で寝ちゃってました
固型になるタイミングを逃すほど甘やかしてしまったようです
。・゜(゜ノ∀`)゜・。 イーッヒッヒ

えええっとあれなんて言うんだったかなぁ???
おばちゃん、名前が思い出せないんだけど
テレビとかでみたことないですか?
揺らさないように静かに冷凍しておいた水やビールが
振動を与えたとたん凍り出す・・・

その状況を作っちゃったみたいです
以前仕事でこの現象をイベントっちゅうか、パーティっちゅうかの
演出として簡単にする方法はないかと色々と実験をしたんだけど
設備的な問題で断念したんですよ
やろうと思ってたらなかなか出来なくて
全く意識してない時に偶然って・・・

誰のせいだよ・・・・あ、私か(。、廊)けけけけけけけ   


どうすればその状態から抜けれるかわかんなくて
すっげぇ悩みました・・・・orz

牛乳パックべちべち叩いてもダメだしさ(´ДÅ)ょゎょゎ

型から出して暖めなおして、もう一度攪拌するのも考えたけど
せっかくきれいな石けんになってるし
再加熱もそうだけど
攪拌して空気が入ってしまうと条件変わっちゃうもんね

で、結局
この状態を維持する温度にも限度があるってことを
思い出して
固形にならざるを得ない温度まで下げればいいのだと・・・

「冷蔵」でなんとかなりました


もし・・・ジェル化のまま固まらないって状況になったら
模範的な回答はどれなんだろう?

あ、そのまま待つっていうのもあるね

手作り石けん 途中経過 23:08 comments(6)
1/2 >>
2009年3月より
本格的に手作り石けんを始めました
スーパーなどで売っている材料で
(オプションはお取り寄せあり)
どれほど肌に優しく楽しい石けんが作れるか…
試行錯誤とお遊びの記録ブログです

素人考えのゆる〜いスタンスで
石けんを作っていますので
ベテランソーパーさんがご覧になると
ぉぃぉぃということもあるかと思います
それは違う!ということがあれば
ご教授いただければ幸いです┏○ペコ

ブログ開設2009年5月20日
それ以前に作った石けんは
日を遡ってUPしてあります
最初の頃は自分でもひどいものを
作ってますが記録という意味で載せています
これから作ろうと思っている方は
悪い例として参考にして
それを見て勇気を出してくださいw

更に詳しくは↓のProfileをどうぞ
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

NewEntry
Profile
Category
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Favorite
にほんブログ村
手作り石けんWEB
Other